*

【仮想通貨を学ぶ動画】第3章(1):価値が300倍になった通貨を見つけるための原理原則!これでもうしょうもない草通貨に振り回されないですみます!

仮想通貨について、動画でお勉強しました。

今や、知らないじゃ済まされない、仮想通貨(Cryptocurrency)やビットコイン(Bitcoin)、ブロックチェーン(Blockchain)に関する動画の第3章前半です。

毎日チャートを眺めて、価格が上がったり下がったりに、一喜一憂していませんか?

せっかく期待を込めて買った10万円分のアノ通貨が、ぜんぜん上がらないどころかびっくりするくらいの大暴落で全く価値がなくなっていたりしませんか?

今この時には価値がなくても、

仮想通貨の本質を見抜き、

将来10倍、100倍、300倍になるような値上がりNo.1の仮想通貨を見つけ出し、

億単位の利益を出す投資の心得を学ぶことができます。

[3章-1]仮想通貨の本質を見抜いて値上がりNo.1を効率良く見付け出す方法

  • パブリックチェーンか、プライベートチェーンか?
  • 真の仮想通貨ブロックチェーン1.0, 2.0, 3.0とは?
  • 2017年、300倍になった通貨を見つけた原則
  • 減価する法定通貨

[3章-2]初めての投資と1年以内に億単位の利益を出す投資の心得

仮想通貨セミナー【Vol.5】第3章(前半):真の仮想通貨について考察する

本セミナーの全メニュー

  • 【Vol.1】序章:ビットコインの終わりとブロックチェーン、1億総デジタル通貨時代と人工知能
  • 【Vol.2】第0章:デジタル通貨とは何か?
  • 【Vol.3】第1章:ブロックチェーン技術とビットコイン
  • 【Vol.4】第2章:ビットコインの終わり
  • 【Vol.5,Vol.6】第3章(前半/後半):真の仮想通貨について考察する
  • 【Vol.7】第4章:リップル技術を使って銀行・国・自治体がデジタル通貨を発行する
  • 【Vol.8】第5章:仮想通貨の真の用途は人工知能が人類に課金することだ

動画全編を見るなら、こちらからどうぞ。

>>次世代起業家育成セミナー”デジタル通貨編”~知らないじゃ済まされないデジタル通貨 ビットコインの終わりとブロックチェーン、1億総デジタル通貨時代と人工知能~

とある受講生の感想です。

この章こそが、このセミナーの最大の見所だと感じました。
加藤さんは全く意識していないと思いますが、この「将来こうあるべき(なるべき)姿」から「必ず必要となるもの」を導き出し、それに対して自分のポジションを貼っていくという演繹的な投資行動は、正にバフェットが実施している投資行動と同じです。
ですので、この動画からは、戦術に過ぎない結論そのものよりは(結論ももちろん重要ですが)、未来予測から引きなおした投資戦略(仮想通貨の持つべき要件からの投資行動の立て方)そのものを追体験して学ぶべきですし、その観点で繰り返し見るべきだと感じました。
仮想通貨投資には、様々なリスクがありますが、リスクは「自分がしていることを理解していない」ことから発生するものです。
この動画を見て、自分の投資行動を明確に説明できるようになれば、仮想通貨の相場に心を乱されて狼狽売りすることは金輪際なくなるでしょうし、しょうもないコインを買う事も無くなります。
この考え方が身につけば、万が一将来の予測が外れても、その時点での未来予測に基づいた投資戦略を改めて構築し直し、正しい投資行動を取れると感じました。
(例えば、リップルの代替となるような圧倒的な有利な技術が開発され、市場シェアを握られたりした場合に初めて動けば良い訳ですしね)

>>次世代起業家育成セミナー”デジタル通貨編”~知らないじゃ済まされないデジタル通貨 ビットコインの終わりとブロックチェーン、1億総デジタル通貨時代と人工知能~

仮想通貨全体が暴落して、私は200円代でだいぶ買い増ししてたのでちょっとひやっとしましたし家族や友人にもすすめていた(妹は50万分購入)ので、正直ドキドキしてしまいました。
しかし、3章(前半)を視聴して「ああやっぱりこのままで大丈夫だよな」と気持ちを落ち着けることができました。
わかっていたはずなのに、3章(前半)をみるまでは短期トレーダーの心持ちになっていたようです汗
3章(前半)の内容はこれまで加藤さんがメルマガやツイッターで教えてくださっていたことが多かったので、再確認という感じでした。
動画でみることにより、「ただ1つの仮想通貨を数年ホールド」「値動きに振り回されない」という行動の正しさが、より確信へと変わりました(「何故リップルなのか?」も再認識)。

動画全編を視聴するには、こちらのリンクをクリックして下さい。

>>次世代起業家育成セミナー”デジタル通貨編”~知らないじゃ済まされないデジタル通貨 ビットコインの終わりとブロックチェーン、1億総デジタル通貨時代と人工知能~

仮想通貨投資を始めるなら

セミナー動画を観て、仮想通貨投資を始めたい!と思ったら、以下の取引所がオススメです。ビットコイン投資は、あくまで余剰資金で。

まずは何はともあれ「BitFlyer(ビットフライヤー)」

以下の画像をクリックしてBitFlyer(ビットフライヤー)のサイトへ。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

最安の手数料で100種類以上のアルトコイン投資をするなら「Binance(バイナンス)」

以下の画像をクリックしてBinance(バイナンス)のサイトへ。

最安の手数料で100種類以上のアルトコイン投資をするなら「Binance(バイナンス)」

草コイン投資で億り人を目指したいなら「CoinExchange(コインエクスチェンジ)」

以下の画像をクリックしてCoinExchange(コインエクスチェンジ)のサイトへ。

草コイン投資で億り人を目指したいなら「CoinExchange(コインエクスチェンジ)」

スポンサードリンク(GAD)




「いいね!」と思ったらシェアしてもらえると...大感謝です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

【FX】北野誠さんが岡安盛男さんと語る「GWだからこそ、すべきこと〜重要イベントの動向整理と注目通貨ペアの開拓〜」をPodcastで学ぶ

お笑い芸人でFXトレーダーの北野誠さんが、元インターバンクディーラーの岡安盛男さんをゲストに、大橋ひ

記事を読む

【仮想通貨を学ぶ動画】第5章:シンギュラリティ以降の仮想通貨・人工知能AIの未来を大胆に予測する

仮想通貨について、動画でお勉強しました。 今や、知らないじゃ済まされない、仮想通貨(Crypt

記事を読む

ラジオNIKKEI陳満咲杜さんの『FXトレンドの真実「RSIにポリンジャーバンドを掛けようその5~ポリンジャーバンド×ポリンジャーバンド2.0」』をPodcastで学ぶ

ラジオNIKKEIの番組『陳満咲杜の「FXトレンドの真実」誰も教えてくれなかったRSI』でFX・テク

記事を読む

【仮想通貨投資】今やらないでいつやるの!?フィンテック・ブロックチェーン・ビットコイン・リップルのセミナー動画を観たら、今すぐにでも動き始めたくなる!

仮想通貨セミナー 久々のブログ更新です。 会社員の仕事が忙しすぎて、ブログの更新を怠っていました

記事を読む

【仮想通貨を学ぶ動画】第2章:ビットコインはもうオワコン!Bitcoinの終焉と仮想通貨の可能性。暗号通貨・スマートコントラクトによるコンセンサスアルゴリズム!ブロックチェーンによる世界通貨の始まり!

仮想通貨について、動画でお勉強しました。 今や、知らないじゃ済まされない、仮想通貨(Crypt

記事を読む

ラジオNIKKEI陳満咲杜さんの『FXトレンドの真実「RSIにポリンジャーバンドを掛けようその4~ポリンジャーバンド×ポリンジャーバンド」』をPodcastで学ぶ

ラジオNIKKEIの番組『陳満咲杜の「FXトレンドの真実」誰も教えてくれなかったRSI』でFX・テク

記事を読む

ラジオNIKKEI陳満咲杜さんの『FXトレンドの真実「RSIにポリンジャーバンドを掛けようその3~RSIのポリンジャーバンド、本質は逆張り?」』をPodcastで学ぶ

ラジオNIKKEIの番組『陳満咲杜の「FXトレンドの真実」誰も教えてくれなかったRSI』でFX・テク

記事を読む

ラジオNIKKEI陳満咲杜さんの『FXトレンドの真実「RSIとポリンジャーバンドを掛けよう~その2 ボリンジャーバンドの罠とその回避」』をPodcastで学ぶ

ラジオNIKKEIの番組『陳満咲杜の「FXトレンドの真実」誰も教えてくれなかったRSI』でFX・テク

記事を読む

【FX】北野誠さんが荻野金男さんと語る「主要通貨の行方を握る、世界の”裏”の動き」をPodcastで学ぶ

お笑い芸人でFXトレーダーの北野誠さんが、元インターバンクディーラーの荻野金男さんをゲストに、アナウ

記事を読む

ラジオNIKKEI陳満咲杜さんの『FXトレンドの真実「RSIとポリンジャーバンドを掛けよう~ポリンジャーバンドとは」』をPodcastで学ぶ

ラジオNIKKEIの番組『陳満咲杜の「FXトレンドの真実」誰も教えてくれなかったRSI』でFX・テク

記事を読む

スポンサードリンク(GAD)




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

スポンサードリンク(GAD)




PAGE TOP ↑